犬も鳴かぬ遠吠え岬・・・のブログ


Mr.Moonの自己満足・憂さ晴らしのための、日記のようなメモのようなヘリクツのような文章を吐き出す頁です
by mrmoont
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2012年 03月 07日 ( 1 )

深大寺のだるま市

3月4日(日)に、毎年3月3日・4日に調布市の深大寺(じんだいじ)で
開催されている「だるま市」に行ってきました!

http://www.jindaiji.or.jp/event/darumaichi.php

この深大寺、天台宗のお寺で、浅草・浅草寺に次ぐ古刹、とのこと。
神代植物公園に隣接し、周囲は自然豊かです。
また、だるま市は元三大師(=良源・慈恵大師)を祀るお寺で
縁日である1月3日に開催されるのが通例だそうですが、
ここ深大寺では3月に開かれ、
“東京に春を呼ぶ”だるま市といわれているそうです。
ちなみに「日本三大だるま市」の1つ。

最寄の京王線・調布駅からバスで揺られること10~15分。
深大寺前の交差点を曲がると、そこには
落ち着いた佇まいの観光地然とした風景が・・・!
其処此処でゆっくりと回転する水車に、風にたなびく蕎麦屋の幟。
なんとも長閑な風景に、しばし自分のいる場所を忘れそうになりました。

前日の快晴と打って変わって天気は曇、肌寒く、梅もまだ早いか…
というところでしたが、境内や参道周辺には屋台がずらりと立ち並び
たくさんの参拝客で賑わっていました。

c0060546_2364431.jpg

屋台は、だるまはもちろん、団子や饅頭などの甘味、甘酒から、
お祭りでよくみる飲食系・玩具系屋台までかなりの数が出ていて、
そぞろ歩きするだけでも、かなり楽しめます。

まずは、だるま。
ひとつひとつ手作りなので、お店(職人さん)ごとに作風があります。
さらに、同じお店でも、細部が微妙に違うので、1つとして同じ顔じゃない。
眉のきりっとした凛々しいもの、少し垂れた優しげなもの、
眉毛や髭の濃いもの薄いものなど、その違いを見て回るだけで
ホントにおもしろいったらない!
色も、定番の赤から、金・銀・黒・緑・青・ピンク・白などまでカラフル。
それぞれにご利益も違うらしいです。
大きさも、選挙中継でよく見る大きいものから、手乗りサイズの小さいものまで
ビックリするくらい豊富です。

c0060546_159264.jpgc0060546_1594871.jpg
c0060546_20287.jpg(左上)ひしめきあうだるまたち (上)職人さんがその場で文字入れのサービスも (左)大きいサイズは迫力満点!眉毛が「寿」なのがなんとも粋です

また、だるまにも種類(系統?)があって、このだるま市では
「高崎だるま」と「東京だるま」が見掛けられるようでした(予習した)。
本堂に近いところには「東京だるま」が多かった印象。
その見分け方を店主さんに聞いたんですけど、
高崎だるまは鼻の穴のところに赤い線が描かれていて、
東京だるまにはない、んだそうです。←でもホントかどうか怪しい…
それと、東京だるまの目の縁取りには金箔が使われてるそう。
ただし、ある程度大きいサイズ(1000円以上)になると、のようです。
あと個人的にじっくり観察して思った(勝手な)違いは以下のとおり。
①高崎だるまの顔の色はピンク(オレンジ)の範囲が広く
 東京だるまは目の周りにだけ色がついていて全体的に色白
②高崎だるまの口は真一文字で長く引かれていて、東京だるまの口はヘの字で短め
③高崎だるまは毛深い(笑)けれど、東京だるまは薄毛


さて購入にあたっては、まずはすぐに買わずに、
いろいろと見て回るといいと思います。
そうして、自分にとって一番好ましい表情のだるまさんを買う。
そういう楽しみ方ができると思いますし、
それが一番いい選び方のように思います。
私は自分用と家用に2つ購入しました!

ちなみに、値段は明示されているところもありますが、
ほぼ店主さんと交渉。200~300円は安くしてくださいます♪
そういえばある店主さんが、
「最近は300円くらいの安いものはシール貼ってるだけのこともあるんだよ、
うちはひとつひとつ手作りだからね!」とおっしゃってました。
シール…すぐ見分けつきそうだけど、どうだろ。売ってたかな…?

購入後は、山門から入って左奥にある元三大師堂脇の特設スペースで、
お坊さんに「開眼」していただきました!何を願掛けしたかはもちろんヒミツ☆
深大寺では、黒目を描くのではなく、梵字の「阿」を入れていただけます。
そして1年後に願いが叶った暁には「吽」の字を入れてもらって、
感謝の気持ちを込めてお納めするそうです。
これはかなり珍しいみたいですよ。

c0060546_203785.jpg高崎だるま(左)と東京だるま(右)。大きさはかなり違いますが、値段は同じです(笑)。眉毛は「鶴」を、髭は「亀」を表しているそうです。さすが縁起物!
[PR]
by mrmoont | 2012-03-07 09:00 | 近況報告

ブログパーツ

最新の記事

デジタル一眼レフカメラ、買い..
at 2014-07-08 12:56
梅が咲き、桜が咲き、4月です
at 2012-04-08 10:00
深大寺のだるま市
at 2012-03-07 09:00
マカロン教室
at 2012-02-20 14:23
クラフト教室に行ってきました!
at 2012-02-13 18:05

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
本・読書

画像一覧