犬も鳴かぬ遠吠え岬・・・のブログ


Mr.Moonの自己満足・憂さ晴らしのための、日記のようなメモのようなヘリクツのような文章を吐き出す頁です
by mrmoont
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

これは可愛いって。

今日の朝、テレビを見ていると、とあるCMに目が釘付けになりました。
そのCMとは、

豆しば
http://dogatch.jp/tv/kodomo/mameshiba/movie.html

私が見たのは「枝豆しば」。
中年サラリーマンがくぐる居酒屋の暖簾に「豆しば」の文字。
そして、ビールを片手にしたサラリーマンが枝豆を手にとり
豆をつまみ出すと、なんとその豆は犬の顔をしているではありませんか!
緑色の豆柴(萌)。しっとり濡れていて、つるんっと出てくる感じがたまらない(笑)。
なんだ、このカワイさ!!うるうるした大きな目に胸キュンです。

ただ、私の個人的な萌えポイントはこの次の場面からです。
この枝豆しばがおもむろに尋ねます。「ねえ、知ってる?」と。
サラリーマンが「え?なにを」と思わず聞き返すと、
可愛らしい声音でこういいます。

「カンガルーのお腹の袋の中はかなり臭いんだって」

ええー?!みたいな(笑)。この前後関係を全く無視した、
あまりに唐突な豆知識にハートを鷲掴みされました!
っていうか、臭いの?でも考えてみるとそうかも、って思う感じも面白い。
ちなみに、それを聞いたサラリーマンのおじさんは
まっしろになって立ち去るんですが、それもツボ。
すんごいシュールなCMなんですが、可愛らしい。

一体何のCMなのかわからなかったんですが(笑)、
どうやらいろいろな豆に扮した豆しばたちが
使えるような使えないような豆知識を披露するシリーズらしい。
みなさんもお時間あれば、ぜひ見てみてください!!
いや~、嵌るわ、これ。可愛いんだって!!
[PR]
# by mrmoont | 2008-06-04 13:21 | 私の萌えツボ

チャレンジ☆陶芸

もうずいぶん前から一度やってみたかった陶芸。
先週、ついにそのチャンスが巡ってきました!
ついにやってきました、陶芸を!!
1時間半くらいで1作品作るコースです。
小鉢・サラダボール・カフェオレボールのいずれかを目指して(笑)
陶芸体験スタート☆

陶芸のことはあんまり知らないのですが、
おそらく“ひもづくり”って手法の作り方だと思います。
基本的な粘土の扱い方を教えてもらった後に
早速粘土をひも状に伸ばします。
ところがこれが、上手くできない!!
どうも力加減が分からず、ひもの太さにムラが・・・。
先生もアドバイスはくれるんですが、手を貸してくれず。
ちょっと内心半泣きな感じで、やり直すこと数回。
やっと満足のいくひもが完成!
…つーか、ひもだけでどんだけかかってんだって感じです。

そのあとは、土台にと丸く平たく伸ばした粘土のふちに
このひもをま~るく乗せていきます。
しかし、ひもの長さが足りず、また作り直しですよ。トホー。勘弁してくれ。
ひもを乗せて、土台とつなげて、またひもを・・・を繰り返すこと数回。
こんな感じになってきました。

c0060546_22531166.jpg

ここで先生が一言(余計な)。
「かなりどっしりした感じになりましたねっ!」

・・・・・・はぁ~??
いやいやいやいやいや!ちょっと待ってください。
それはどういう意味ですか!?
私が目指しているのは“どっしりした器”ではなく
“女性らしい☆繊細な器”ですから!!
すかさず「それあんまり嬉しくありませんから」と返しました。

さて、ここから、粘土の外側と内側をキレイに整えていきます。
手動のろくろを回しながら、木のへらを使って外側は下から上へ伸ばし、
内側は上から下へ削りながら、厚さを調整していきます。
そして気付けば随分と高さが出てきたではないですか!
“どっしり”と言われたときから、「もうどんなんでも、できればいいや」と
ちょっと(いやかなり)投げやりな気持ちになってましたが、
ここで希望の光が一筋差す。もう、誰にもどっしりとは言わせないぜ!!(笑)

イメージする器を作るのに十分な高さになったら、
粘土の上部をまっすぐに切って整えた後、今度は口を広げていきます。
その際、先端がかぎ状になった木の棒を使って成型。
ろくろを回し、少しずつ手前に押し伸ばしながらイメージに近づける。
これも力加減が難しかったですけど、なんとかいい感じに仕上がりました。

c0060546_2382196.jpg

右手前のが私の作品です!どうです?いい感じじゃないですか?!

今回のコースではここまでで終了。気付けばたっぷり2時間半近く経過。
あとは先生の方で、土台をつけて、塗料をかけて焼いてくれるそうです。
完成品が届くのは、7月終わり~8月ごろとのこと!
いまからそのときが待ち遠しい♪
出来上がってきたら、デジカメで撮ってアップしますので、
ぜひ見てやってください☆

久しぶりに自分の手で物を作った、楽しい1日でした。
無心になって土を捏ねると、本当に癒されるわ~!!

(後日談)
陶芸を習ってみようかな、という気に本格的になり
陶芸教室をネットでいろいろと見てみましたが、どうも心動かず。
電動ろくろは魅力的ですが、教室に通って
たとえば一ヶ月に1作品ずつ増えていったら…と想像すると
困ったことになりそうなので、お稽古は断念。
まあ、今回のこれで比較的満足した感はあるのでいっか、と(爆)。
次はフラワーアレンジメントか料理教室にチャレンジしてみるかな!

[PR]
# by mrmoont | 2008-05-28 22:28 | 近況報告

これを私にどうしろと。

社長に貰いました。

c0060546_22201035.jpgc0060546_22203194.jpg


はい、花瓶です。
正直いって要りません。
そもそも花を飾る習慣がないし(爆)、花瓶は今ある一個で十分です。

c0060546_22361585.jpg
この大きさ!マジでビビリます。いや、むしろ泣ける。

というか、この前衛的なデザイン、見てくださいよ~!
うら若き乙女の部屋にこれはないよ。トホ~。
しかも重量2.2kg!!すんごいどっしりとしたガラス!
これ、運ぶの大変だったんですよ~。トホホ。

しかし、これはまだマシな方で、後輩社員のMさん(♀)なんて、

オレンジ色のハクション大魔王が出てきそうな形のなんですから!


私はじゃんけんで勝ったからね、これなんです。
でも、どちらにしろ罰ゲームに近いよね。

さて、なんでこのような花瓶を貰うことになったのか。
社長いわく「クリスマスプレゼント兼ホワイトデーのお返し」らしい。
いや、これよりは食べ物のが断然いいです(爆)。むしろ食べ物がベスト。
こんなことならバレンタインやんなかったら良かった!!
くらいに思ってしまうのは、無理ないと思いません?
クリスマスから年末といや、インフルでヒーヒー言ってた頃なんですが、
どうやら男性社員の方々は、クリスマスプレゼントに花瓶を貰ったらしい。

いや、おかしいだろ!!

要らないよ、要らないよ!!

わざと2回言ってやります。ええ、2回ね。
花瓶を抱えて呆然としていた私たちに社長はこう尋ねました。

「花瓶をもらってどう思ってるのか聞きたいね~。嬉しいなぁと思ってるのかな、
こんなの貰って邪魔になるなぁと思ってるのかな?どうなの?」

うぜぇ~。でも、分かってるんだ(驚)。
つーか、自分が要らなかったからくれたようなもんですからね、きっと。
でも、心優しき私は「いらねーよ」とは言わず、こう言いました。

「こんな立派な花瓶をもらって嬉しいですけど
飾るお花がないのが…。一本だと花瓶に負けそうだし」

精一杯のゴマすりです。頑張りました!!
しかしなぁ、こんなの置くとこないって。
床の間でもありゃ別ですけどね。
一人暮らしの家にそんなのあるかっての!
いや、あったとしても置かんよねぇ、これは。

これを私にどうしろと。
2kgを超えるガラスの花瓶なんて……

凶器にしろってことですか?!
[PR]
# by mrmoont | 2008-03-12 22:05 | 近況報告

はくしが100にんいるむら

はくしが100にんいるむら

昨日フェアリーちゃんに教えてもらいました。
早速読んでみると案の定…

居たたまれない!!

超シュールなお話ですよ、これ。
ある意味ホラーでもある。都市伝説の一種じゃなかろうか(汗)。
どういった統計をとってあるのか分かりませんが、
100人中8人が行方不明か、死亡って。
……死亡って!
なんか、とある人が脳裏に去来しましたよ。
つい先日生存確認できたようですけど。
あと、100人中16人が無職というのも……。
無職か~、無職だよね。
そういうことも大いにあると思う。
一般の人は博士って相当すごい人という認識があるみたいですけど、
これを読んでも分かるとおり、成功者は一握りですよ。
本当に一握り。
博士を取り巻く世間は冷たいっすね。

世の中の博士の皆さん、強く生きてください!!
少なくとも私は応援しておりますから。
[PR]
# by mrmoont | 2008-02-04 13:09 | 落ちない話

ついに診断が下される…!

そういえば、年末騒動の一応の報告をしようと思っていたのですが
このところ忙しくてなかなか落ち着いて書くことができませんでした。
そして、つい昨日ある衝撃の出来事が起こってしまい、
年末騒動はひとまず後回しです。
あの件は近々多分進展あると思うので、温めとこうかな……。

さて。
今うちの会社では新雑誌創刊に向けて作業中なのですが、
その連載の打診にとある精神科(心療内科?)の先生のところに
伺ってきました。数日前の話です。
そこで、社長が例のように支離滅裂な会話を展開し、
先生が最初は困惑しながら、しかし最後には穏やかに対応されていました。
その場では、「後日またご連絡します」とのお返事だったのですが、
週明けの昨日、出社するとその先生からメールが来ていました。

その文面はというと、先日の訪問の際のご感想。
いきなり書き始めが、

「あの社長さんは発達障害系ではないでしょうか」

と来た(笑)。いやぁ、近年まれに見るお方です。
はっきり言ってくださってありがとうございます(爆)。
というか、むしろ診察ありがとうございます、という感じ。
私たち社員は常々、社長の精神的な病気を信じて疑わなかったので、
こういう機会がいつか訪れるのではないか、と心待ちにしていました。

ここについに診断が下されました…!

拍手喝采、スタンディングオベーションもしかねないくらいでした。
ああ、なんだかすっきりしましたよ。
病名が分かれば、気分もいくらか楽というものです。
というか、診断書を出してやってください。
お願いします。

まあ、結局のところ「失礼・非常識・バカのレベルを超えている」
という苦情というか、私たちへの同情というか、
そんな内容のメールでしたので
あんまり喜ばしい事態ではないのですが、
それでも画期的なご指摘で。
あ、「非常識・バカ」って実際にメールに書かれてたんですよ。
ホント、率直な先生……(笑)。
思い返せば、あの時の先生の穏やかな顔は
患者をみるときの医者の顔だったんじゃないかしら…!

ちなみに、私は社長をアスペルガー症候群+ADHDだと見ています。
気になる方はWikipediaでもどうぞ!!
[PR]
# by mrmoont | 2008-01-29 23:49 | 仕事のハナシ

ブログパーツ

最新の記事

デジタル一眼レフカメラ、買い..
at 2014-07-08 12:56
梅が咲き、桜が咲き、4月です
at 2012-04-08 10:00
深大寺のだるま市
at 2012-03-07 09:00
マカロン教室
at 2012-02-20 14:23
クラフト教室に行ってきました!
at 2012-02-13 18:05

ブログジャンル

日々の出来事
本・読書

画像一覧