犬も鳴かぬ遠吠え岬・・・のブログ


Mr.Moonの自己満足・憂さ晴らしのための、日記のようなメモのようなヘリクツのような文章を吐き出す頁です
by mrmoont
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

姑獲鳥の夏・彦

映画『姑獲鳥の夏』、公開二日目に観に行ってまいりました。
京極先生も出演している、という前情報から、なんだか厭~な予感はしていましたが、
案の定予感は的中!ある意味凄い仕上がりの映画でした、この姑獲鳥の夏。

キャストについてはもうこの際何も言いますまい。
木場修役の宮迫の江戸っ子ノリがチンピラ染みていたとか、
田中麗奈の敦子の性格がきつそうだったとか、
青木くんがこけしじゃなかったとか、
久遠寺母役のいしだあゆみが恐怖映画っぽい鬼気迫る演技をしていたとか、
もう何も言いますまい。

……問題は、なんといっても京極夏彦氏扮する片腕の傷痍軍人(水木)。

無意味な役なのに、やたら出番が多いのはどういうことですか?
主役より目立っていたような気がするのはどういうことですか??
折角の『姑獲鳥の夏』が『姑獲鳥の夏彦』になっていました。
シリアスなはずなのに、もはやコメディ以外のなにものでもない
……本当に恐ろしいことです。

ストーリーもどこかピントがずれた掻い摘み方で、初めて観る人に対してホント不親切!
虹色のライトだとか、不自然なスポットライトなど、照明効果に異議あり。
関口君の幻覚に現れるハーピーのような人面鳥には唖然、むしろ失笑。
折角の憑物落としシーンも非常に分かりにくく、本来の醍醐味がまったく伝わってきません。

ただ、阿部榎木津と篠原雪絵の意外なはまり具合と、
堤中禅寺の長台詞くらいには、プラス点を進呈したいと思います。
猫目洞のお潤さんの雰囲気も合ってたかな。
総合評価は100点満点中の20点。これでも甘いくらいの採点です。

しかし、この映画版『姑獲鳥の夏』、京極先生が出ていなかったら、
それなりに観られただろうに、と思うのは私だけでしょうか?
やや難ありとはいえ、コンパクトに二時間でまとまっているし、
京極堂の最初の薀蓄も分かりやすく短くなっているし。ホント、残念でなりません。

……この分だと続編は消滅かなぁ。

いい加減、自分の作品に出演するのはやめてくださいよ、京極先生ー!!
(ツツマガ・発足準備号より転載)
[PR]
by mrmoont | 2005-07-16 15:58 | 映画・本の話

ブログパーツ

最新の記事

デジタル一眼レフカメラ、買い..
at 2014-07-08 12:56
梅が咲き、桜が咲き、4月です
at 2012-04-08 10:00
深大寺のだるま市
at 2012-03-07 09:00
マカロン教室
at 2012-02-20 14:23
クラフト教室に行ってきました!
at 2012-02-13 18:05

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
本・読書

画像一覧