犬も鳴かぬ遠吠え岬・・・のブログ


Mr.Moonの自己満足・憂さ晴らしのための、日記のようなメモのようなヘリクツのような文章を吐き出す頁です
by mrmoont
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ダ・ヴィンチ・コード、まあまあです。

ご報告が遅れましたが、先週の日曜日にツツシン東京支部の3人で
今話題の『ダ・ヴィンチ・コード』を観に行ってきました!
やっと、ですね。前売りは勢い込んで買ってはいたのですが、
あまりの盛況ぶりに腰が引け、落ち着いた頃にしようかと話してたところに
突然の鰯雲クンからの招集。じゃあついでに観てしまおうということになりました。
場所は新宿。30分前に到着したにもかかわらず、すでに結構な人出(30分前だから?爆)。
座席指定じゃなかったので、危うく立ち見になるとこでした(汗)。
コンサートホールみたいな広い映画館でしたが、上演前には満席に近い状態!
正直びっくり。こんな多いの久しぶり。最近観に行った映画がマイナーすぎかしら…?

さて。
鑑賞メンバーのうち、原作を読んでいたのは鰯雲クンたった一人だけ(爆)。
citoraさんと私は、各々特番やらダ・ヴィンチ薀蓄本で聞きかじっていただけ。
そんな3人の感想はというと、
鰯雲クン→原作に忠実すぎて映画にする意味あんのか?
citoraさん→そんな言うほどでもない。
そして私はというと、

結構好きな薀蓄だったですヨ。

っていうか、薀蓄かよ!みたいな(笑)。
映画自体も丁寧に作られてると思うので、好感持てました。
司祭・導師・暗殺実行部隊など、オプス・デイのキャラクター相関や、
そもそもオプス・デイが悪い組織なのかとか、
ラングドンの唐突で分かりにくい閃きとか、
ジャン・レノが演じた刑事の存在は必要あったのかとか、
クライマックスで取ってつけたようなご都合主義の真相とか、
とかとかとか…まあ他にもいろいろ突っ込みどころはありましたが、
知的好奇心は結構満足させてくれました。
マグダラのマリアとイエスの婚姻説、イエスの子孫生存説もなかなか面白かった。
婚姻説はアリだと思いますが、ただ、今でもその子孫が残っているというのは
ちょっと強引過ぎると思いますけどね(苦笑)。
シオン修道会やフリーメイソン(後者ははっきり出てきませんでしたね)といった
歴史に埋もれた秘密結社も、私の好奇心をくすぐってくれます。
半年くらい前に読んだ薀蓄本によると、
シオン修道会は確か、今では名称としては残っていないみたいでしたが、
その使命と思想はフリーメイソンに受け継がれ、
この組織は現在も存在しているって話で大変興味深い。
その辺の薀蓄をもっと聞きたかったなぁ。残念。
ダ・ヴィンチが「最後の晩餐」に隠した暗号も解釈が面白いので○(マル)。
絵から解釈というのはかなり強引でしたけどね。
「イエスの血が満たされた杯」っていう言葉から導き出される
聖杯が○○っていう解釈の方はストンと納得できるかな。
その後の事実とも矛盾がなく、符号が合う気がしました。

ということで、結論としては、
キリスト教あるいは宗教に興味がないとチンプンカンプンでしょうけど、
ある程度の予備知識があれば、なかなか楽しめる映画ではないかと。
みなさんは観に行きましたか?観に行くなら、原作は読まないで(爆)
周辺知識を固めて臨むのがよろしいかと思います(笑)。

ちなみに、
私はもうこの映画で『ダ・ヴィンチ・コード』の面白いところはわかった気がするので、
今後原作に積極的に手を出すことはないかなぁ。
図書館にあれば、あるいは持ってる人が近くにいれば
借りてみようかな、と思います。
[PR]
by mrmoont | 2006-06-14 14:04 | 映画・本の話

ブログパーツ

最新の記事

デジタル一眼レフカメラ、買い..
at 2014-07-08 12:56
梅が咲き、桜が咲き、4月です
at 2012-04-08 10:00
深大寺のだるま市
at 2012-03-07 09:00
マカロン教室
at 2012-02-20 14:23
クラフト教室に行ってきました!
at 2012-02-13 18:05

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
本・読書

画像一覧